プロフィール

ジュリー ( カイン JP3 )

  • Author:ジュリー ( カイン JP3 )
  • メインは、エヴァスセイント(エルダー3次職)
    サブクラスは、「テンプルナイト」(・・;)

    たまに、見た映画の感想も書いてます。


    このサイトで使用している
    リネージュIIに関する画像は
    すべてNCsoftの著作物です
    Lineage (R) II and Lineage
    (R) II the Chaotic Chronicle
    are registered trademarks
    of NCsoft Corporation. 2004 (c)
    Copyright NCsoft Corporation.
    NC Japan K.K. was granted
    by NCsoft Corporation the
    right to publish, distribute,
    and transmit Lineage II
    the Chaotic Chronicle in Japan. 
    All Rights Reserved.










最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『プラダを着た悪魔』

『プラダを着た悪魔』(原題:THE DEVIL WEARS PRADA ) 見てきました。

去年の11月公開なんですが、面白そうな映画が他になかったので、
時期が遅いのでちょっと安くなって見れるし、
見ようと思って見逃していた映画なので、見ておくかと…。


大学卒業してジャーナリストを目指す主人公(アン=サハウェイ)が、
自分のキャリアのためにファッション雑誌の伝説的カリスマ編集長
(メリル=ストリープ)のアシスタントに。

ファッションに興味なかった女性が、業界に居ることでどんどん
綺麗になっていくところが、見所の一つなんでしょうけど、
化粧と服装でこんだけ変わるのかと思いましたよw
元がいいという話はありますがw努力はするべきかなとw
まあ、それだけだと超つまんな映画なんですけどねw
それを期待していた人は、結末に納得いかないかもしれないですねw

で、この編集長が、超無茶苦茶な要求をするんですよ。
(マディソン郡の橋で純愛演じてたメリル=ストリープが、こんだけ豹変するのは、
演技うまいなぁと思うのでした。伊達にオスカーもらってないなとw)
それに自分のキャリアのためと必死についていくアン=サハウェイ。
でも、無我夢中で仕事をこなしていたら、恋人や友人たちが離れていく…。

今までの映画だったら、冴えない女性が内面も外面も洗練されていく
サクセスストーリーで終わるんでしょうが、そう終わらないとこが
この映画のいいところですかねw


以下ネタばれ含みますので、見てない方は見ないことをお勧めします。



自分が社会的にステップアップする過程で、付き合う人や
恋人をとっかえて、自分がのし上がるためには他人を蹴落とし、
上昇していくというのが今までのある意味一つの
サクセスストーリーでしょう。

編集長は、そんな女性でした。ファッション雑誌の伝説的編集長。
雑誌の編集に関わる人もデザイナーさえも彼女の言うことを聞く。
自分の保身のためなら、他人をあっさり切り捨てる。

しかし、家庭では二人の娘の母親としても妻としてもうまくいってない。
結局、娘はかなり悪がきに育っておりますしw離婚しちゃうんですが、
そんなに私生活がボロボロでも私の編集長の仕事は誰もが羨む職業だと言い切る彼女。
そして、主人公がそんな自分に似ていると彼女は言う。

その言葉にハッとする主人公。
自分も今まで必死になってやってきて、恋人も友達も同僚も切り捨ててきた
私も編集長のようになるのか?それが主人公には耐えられなかったし、
編集長の誰もが羨む職業という言葉にに虚飾(それがなんなんだとw)を感じ、
編集長のアシスタントを辞める主人公。

私の目指してきたものの先にあるのが、外聞的には良くても内面は
ボロボロの編集長だと思ったら、確かに嫌ですよねw

ファッション業界という、ある意味、中はボロボロなんだけど
外面を綺麗に取り繕ってしまうという産業というのが
よりいっそうの皮肉なのかなと思ってみたりw
(内面から出る美しさが重要だとはよく言われますがねw)

その辺が、ファッション業界でのサクセスストーリーを期待して見に
来た人にとっては、期待はずれになるんじゃないかなと思いました。



自分の人生にとって何が大切なのか?
それにこの映画の主人公は最終的に気づいたのではないでしょうか。
彼女がこの先どういう人生を送るかはわかりませんが…


負け犬論争というのがありましたが、仕事をバリバリやった30代の女性が
気づいてみたら、恋人も家庭もない。私には仕事しかないんだわ!
っていうのは、オヤジギャルって言葉もありましたが、女性が
男性化しているだけなような気がしています。

男性も熟年離婚じゃないですが、家庭も顧みず仕事をバリバリやった結果、
定年後に残ったのは何もないっていうのと似ているなぁと…。

でも、専業主婦になるのも自分の可能性を社会で実現する機会を失う
ことになるわけですから、幸せだとも言い切れないと思うのです。
(教育ママの類は、自分の子供を自分の代わりに生きがいに
してるんじゃないかと思うんですよね。)

女性が「母」として「妻」としての幸せも、人との信頼関係も裏切らず、
自分のやりたいことも実現していく社会が理想なんじゃないかと
私は思うのでした。
スポンサーサイト

<< ジュリーは、レベルがあがった! | ホーム | T1気になるアップデート情報 >>


コメント

私も、ちょうどこの前の週末みてきました(・・
リネのイベントサボってですが。w

返事が遅くってごめんなさい…。
ここのブログかいてる人は、たまに寄り付かなくなります(・・;)

経験値2倍イベント、3週にまたがってだと、ちょと後半だるかったです(・・;)

ただ、頑張った甲斐あって、TKが72まであがったので、NB見えてきたかな。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。