プロフィール

ジュリー ( カイン JP3 )

  • Author:ジュリー ( カイン JP3 )
  • メインは、エヴァスセイント(エルダー3次職)
    サブクラスは、「テンプルナイト」(・・;)

    たまに、見た映画の感想も書いてます。


    このサイトで使用している
    リネージュIIに関する画像は
    すべてNCsoftの著作物です
    Lineage (R) II and Lineage
    (R) II the Chaotic Chronicle
    are registered trademarks
    of NCsoft Corporation. 2004 (c)
    Copyright NCsoft Corporation.
    NC Japan K.K. was granted
    by NCsoft Corporation the
    right to publish, distribute,
    and transmit Lineage II
    the Chaotic Chronicle in Japan. 
    All Rights Reserved.










最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

椿三十郎

今やっている、椿三十郎見てきました。

まず、映画館行って思ったことは、平均年齢たかっw
普段は、カップルとか多いわけですが、おじさん多かったですねw

で、感想ですが、黒澤明版を見てなければ面白かったと思いますね。
ただ、どうしても黒澤版と比較してしまう。

今回の椿三十郎を撮った森田監督はその辺りは覚悟してたと思いますし、
黒澤明版を金科玉条にする気はないのですが、頑張ってつくっているのは
よーくわかるのですが、やっぱり黒澤版のが今見ても面白いかな。

森田版は、丁寧に作りこんでいるがためにテンポが悪くなっていると感じました。
台詞とか演技に現代風のアレンジを加えていたり、演出もかなり凝ってます。
ただ、却ってまじめすぎたがために娯楽映画としての「痛快さ」とか「爽快さ」というのが、
映画全体で捕らえた時に足りないかなと。

ゲド戦記を見たときも似たような感想をもちました。
丁寧にまじめに作りこんでいるのは良く分かるんだけど、映画としての娯楽性に
かけるんですね。ドキドキ感とか、ワクワク感が、本家と比べると物足りない。

作品作りに余裕というか、遊び心があればもっとテンポが
良くなったのかなとも思うのですが、巨匠と比べられるという重圧の中ですから、
仕方のないことなのかもしれません。
そんな中で、余裕を持てる人なら、その巨匠を超える存在になっていることでしょうしw

あとは、三船敏郎と仲代達矢みたいな男臭い俳優がいないなぁと。
関羽とか張飛とまではいかないまでも、「豪傑」と言える様な人っていないですよねw
まあ、ジャニーズ全盛の時代に、男臭い男は流行らないのかもしれませんがw


作品自体の感想は、私も椿三十郎みたいになりたいですとでも言っておきましょうかw
椿三十郎みたいな余裕と自信が足りないのかなと思って見てましたw

スポンサーサイト

『プラダを着た悪魔』

『プラダを着た悪魔』(原題:THE DEVIL WEARS PRADA ) 見てきました。

去年の11月公開なんですが、面白そうな映画が他になかったので、
時期が遅いのでちょっと安くなって見れるし、
見ようと思って見逃していた映画なので、見ておくかと…。


大学卒業してジャーナリストを目指す主人公(アン=サハウェイ)が、
自分のキャリアのためにファッション雑誌の伝説的カリスマ編集長
(メリル=ストリープ)のアシスタントに。

ファッションに興味なかった女性が、業界に居ることでどんどん
綺麗になっていくところが、見所の一つなんでしょうけど、
化粧と服装でこんだけ変わるのかと思いましたよw
元がいいという話はありますがw努力はするべきかなとw
まあ、それだけだと超つまんな映画なんですけどねw
それを期待していた人は、結末に納得いかないかもしれないですねw

で、この編集長が、超無茶苦茶な要求をするんですよ。
(マディソン郡の橋で純愛演じてたメリル=ストリープが、こんだけ豹変するのは、
演技うまいなぁと思うのでした。伊達にオスカーもらってないなとw)
それに自分のキャリアのためと必死についていくアン=サハウェイ。
でも、無我夢中で仕事をこなしていたら、恋人や友人たちが離れていく…。

今までの映画だったら、冴えない女性が内面も外面も洗練されていく
サクセスストーリーで終わるんでしょうが、そう終わらないとこが
この映画のいいところですかねw


以下ネタばれ含みますので、見てない方は見ないことをお勧めします。

続きを読む »

バベル

映画バベル、見てきました。

映画を見終わった帰り際に、見終わった人の中から
難しい映画だったとの呟きを聞きました。

しかし、まあ、事件は、いたってシンプルです。
モロッコの山奥で、アメリカ人がライフルで撃たれた。
ニュース報道であれば、多分それだけです。

以下ネタばれ含みますので、見てない方は見ないことをお勧めします。

続きを読む »

『東京タワー』

良かった。

本当にいい映画は、言葉が出てこないですね。

お勧めです。

まだ見ていない方は、映画館へ。

「蟲師」のトラウマをなくすために"The Holiday"見てきた話

暇があったので、気分転換に久々に映画でも見るかぁと
映画を見てきたのですが、地雷踏みました

「蟲師」、ほんとよくわかんないです。ただ、ひたすらおどろおどろ
しいだけという…恐らく、人間の光と影を表したかったのでしょうが、
(特に「影」というか「闇」の部分)
壮大なテーマの割りに時間が少ないので、表現しきれてないです。
原作の漫画読むともう少し分かるのかもしれませんが…
もう公開も終わるでしょうが、原作が好きというのでもない限りは
お勧めしませんw

それにしても、オダギリジョーは、もう少し作品選んで出た方が
いいのではないかと思うのは、余計なお世話でしょうかw
オダギリジョーで言うと、SHINOBIでも地雷踏んだのでw
「東京タワー」は、面白いかも?w(原作者のリリーフランキーの
あのヌルイとこが個人的に大好きですw)

歴史モノで面白い日本映画って、世界の黒澤明監督以外で
見たことないかも。(ああ、たそがれせえべえくらい…?)

ということで、蟲師、全く気分転換にならなかったので、
もう一本見るかとw金返せとw

もう失敗したくなかったのでw、安全牌でキャメロン・ディアスと
ジュード・ロウの"the Holiday"(邦題は「ホリデイ」)見てきました。

まあ、結論から言うと2本見て良かったとw
続きは、続きを見てください。(若干ネタばれあります。)

続きを読む »

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。